オーダースーツのレアルヴァレット(関西・大阪)|エルメネジルド ゼニア、ロロ・ピアーナ、ドーメルなどこだわりのオーダースーツをお作りいたします。

今まで数々の高級品と接し、本物を知り尽くした目利き達までもが感嘆の声を上げるほどの贅沢な逸品。Vanquish(ヴァンキッシュ)と名付けられたこの服地は、2つの最高級素材であるパシュミナとヴィキューナを組み合わせることに成功した世界で初めての服地です。

【DORMEUIL】AMADEUS365(アマデウス365)

Pashmina®「パシュミナ」

それは世界最高の素材の一つであり、ドーメルがパシュミナ山羊から採れる繊維で作り上げたスーツの服地は発表当時大変革新的なものでした。

最高級のシュールを作るにはラテン語で“Capra hircus(カプラ・ハーカス)”と呼ばれるヒマラヤ山羊のお腹に生える綿のようにソフトな羽毛部分のみを使用します。インド北部、パキスタン、中国南西部の国境付近に広がる山岳地方のカシミール地方に住むカシミール人はこれらの産毛を集めた極めて特別な繊維を“pashm”と呼びました。

ドーメルは最高のパシュムを探し求め、インド統治下にあるラダックこそがその地であると突き止めました。ラダックはチベット語で「孤高の地」を意味するチャンタン高原に連なる地域で、標高4,600メートルの世界有数の高原地帯です。

時には零下40度にもなる乾いた極寒の地。低地にも多くのカプラ・ハーカスが生息しますが、世界最高級のパシュムをもたらすのは高度4,500メートル以上に生息するものだけです。この暖かく、品質の高い羊毛は荒々しい暴風と過酷な寒さから身を守るために与えられた自然の産物であるといえましょう。

パシュムが放つ独特の光はその繊維の長さと12ミクロンという細さに秘密があります。高級なウールが23ミクロン、人の髪の毛が200ミクロンにも達することと比べればその繊細さがわかります。天然のパシュムは白・グレー・赤・茶そして黒の5色からなっています。

Vicuña「ヴィキューナ」

ヴィキューナは世界で最も貴重な自然繊維を与えられたラクダ科の動物であり、その起源は4,000万年前に生息した、ひとこぶラクダの一種であるとされています。

ヴィキューナはペルー南部からチリの北部、ボリビア、アルゼンチンに跨るアンデス山脈び高原に生息しているラクダ科の動物の中で最も小さなものです。通常ヴィキューナは10頭以下の群れで行動し、それぞれ頭となる1頭の雄と数匹の雌、cria(クリア)と呼ばれる子供たちから成っています。ヴィキューナの特徴として、しなやかで長い首、ほっそりとした足、頑丈な蹄、大きくて丸い目、そして何よりも濃密で上質な黄褐色の毛が挙げられます。

ヴィキューナというスペイン語の語源はケチュア語に由来しています。ケチュア語はアンデス地域の先住民の言葉で、インカ帝国時代には公用語として使用されていました。インカ帝国の時代、ヴィキューナの毛は極めて贅沢なものとされ、帝国の統治者とその側近のみが着用を許されていました。

パシュミナの生息するラダックや、ヴィキューナが生息するアンデスの刈り込み作業は、その地域に居住し、それらの動物に精通した人々によって行われます。採れた繊維原料は専門家の手によって慎重に分類され、最高品質のものだけを選出し、最初の加工作業は現地で行われます。今までヴィキューナの毛はコートなどの外套用の服地に限定して使用されてきました。しかしドーメルが開発した独自の特殊技術によって、更に滑らかで美しい服地を織り成すことに成功。こうして世界で初めてヴィキューナとパシュミナを使用したスーツ服地をお届けすることに至りました。

パシュミナとヴィキューナ:二つの最高級繊維はその素晴らしさ故に他の繊維と配合することが非常に困難です。例えばヴィキューナの繊維は非常に短く、それに対してパシュミナは長いといったように対照的な要素もあるため、上手く組み合わせるには多くの研究を要しました。製織と仕上げはイギリス・北ヨークシャーの湿原から取れる浄水を使用し、伝統的な製法によって行われます。最高の柔らかさと美しくしなやかな動きを追及した結果、その配合率はヴィキューナ20%、パシュミナ80%となりました。

一覧ページに戻る