オーダースーツのレアルヴァレット(関西・大阪)|エルメネジルド ゼニア、ロロ・ピアーナ、ドーメルなどこだわりのオーダースーツをお作りいたします。

欧米インポート生地から国産生地まで

オーダー紳士服テーラーReal Valet(レアルヴァレット)では欧米インポート生地から国産生地まで、数多くのブランド生地をお取り扱いしております。

エルメネジルド ゼニア

エルメネジルド ゼニア
-Ermenegildo Zegna-

1910年にイタリアのトリヴェロにおいてエルメネジルド・ゼニアが創業。原産国から最上級の素材を厳選して調達し、製造工程においても最新技術を導入し最高級紳士服地を創り出すメーカーです。

高品質なウールしか使用しないため大統領・ハリウッドスター・俳優の方々も愛用されています。しかも羊の生産者を守り、育成までしているので、いつの時代もこの生地を超えるオーダー生地ブランドはありません。

Ermenegildo Zegna ライン一覧へ

ロロ・ピアーナ

ロロ・ピアーナ
-Loro Piana-

1924年にイタリヴェルセシアにおいてピエトロ・ロロ・ピアーナが創業。単独カシミアメーカーとして世界的に有名であり、日本においても、クラシコイタリアの台頭とともに知名度が高まり、 タスマニアン・ジランダー等、固有の生地名が一般に周知されてしまうほどに最高品質の天然原料を使用し、 原料の持つ特性を最大限に引き出した本物の服地を生産しています。

Loro Piana ライン一覧へ

ドーメル

ドーメル
-Dormeuil-

1842年にフランス・パリ近郊においてジュールズ・ドーメルがイギリスから毛織物を輸入し、フランス国内で販売する服地商として創業。伝統技法を用いつつ現代風にも対応できるデザインや最高級服地素材を発表し続けているフランスの高級服地ブランドです。

また、ラグジュアリーアイテムとして有名なパシュミナの名付け親であり、商標を持ちます。2004年、待望のドーメル・ジャポンが上陸してから日本でも高い人気を誇っています。

Dormeuil ライン一覧へ

ハリソンズ・オブ・エジンバラ

ハリソンズ・オブ・エジンバラ
-Harrisons of Edinburgh-

後にエジンバラ市長となるサー・ジョージ・ハリソンによって1863年に創設された名門マーチャント。最上級の原毛を使用し、しっかりとした打ち込みで織り上げらる生地は、しなやかなでエレガントな風合いを持ち、仕立て映えすると高く評価されています。

豊富で高品質な服地コレクションは、世界中の名門テーラー、オーダーサロンで取り扱われ、欧州の王侯貴族をはじめとした世界中のVIPから愛されております。

Harrisons of Edinburgh ライン一覧へ

カノニコ

カノニコ
-Canonico-

1963年創業の伝統、高品質のウールを産出する名門ブランド。イタリアカノニコ社は、イタリア北西部、上質な記事で有名なビエラ地方に拠点を構える生地メーカーです。

コストパフォーマンスに優れた生地なので、ラルフローレン、バーバリーなど名を馳せているブランドも使用しています。

ビエレッシ

ビエレッシ
-Biellesi-

イタリア・ミラノ北部に位置する、ビエラ地区の高級テキスタイルメーカー数社から選びぬかれたコレクションで構成するブランド。

伝統的な柄を今のイタリアの感覚でアレンジしたニューイタリアン・クラシック・デザイン、新しいタイプの変わり織り柄ニュープレインを提案するBiellesiコレクション。

ジョン・ロバートショウ

ジョン・ロバートショウ
-John Robertshaw-

19世紀初め、英国ブラットフォードにてメーカーとして創業。クラフトマンシップを追求した同ブランドは、手間と時間をかけて、熟練した技術が注ぎ込まれた紳士服地。

特にモンゴリアン100%の肉厚で光沢感のあるジャケット・コート地が有名です。

レダ

レダ
-Reda-

イタリア北部の高級ウール織物の産地・ビエラ地区にある世界的に有名な生地メーカー。モダンクラシックウース最高峰といわれています。世界中のトップブランドに使用されていることが実力の証です。

ダローデイル

ダローデイル
-Darrow Dale-

英国のクラシックをトレンドテイストにアレンジしたコレクション。斬新な提案も魅力です。クリアーカット素材は、独特のFINISHから醸し出される光沢とトレーブ性は、着用感のグレードを高めます。ミルド素材は、英国特有の重量感ある柄行きをDARROW DALE風に、重くなく仕上げています。

スキャバル

スキャバル
-Scabal-

オットーヘルツによってベルギー・ブリュッセルで1938年に創立。スキャバルは当初ファブリックの布商と供給元でした。ミクロン単位まで管理された原材料からクラシコイタリアの伝統的技術による生産まで、徹底的に管理し品質をこだわり続けています。

その妥協を許さない厳正な精神は時代を超えても変わらず、多くの信頼を集めています。 近年では天才芸術家サルバトール・ダリの協力により描かれた12枚の絵を元に新たな生地を作り上げ、世界中で話題となりました。

ハリス・ツイード

ハリス・ツイード
-Harris Tweed-

英国の北に位置するスコットランド、その更に北西の海に浮かぶハリス地方の島々アウターヘブリデス島、ハリス島、ルイス島。

素材となる羊毛はこのハリス地方で有機飼料で飼育された羊たちから得られたものであること。その羊毛が3つの島々の島民の家で紡がれること。そして、羊毛の選別や織る工程も手作業のみで行われること。
染色・羊毛の密度・重さなど、厳格に定められた基準をすべてクリアして初めてハリスツイード協会から「認定ラベル」(英国王室許可証)を与えられるのです。

「ハリスツイード協会」の管理のもと18世紀から変わらぬ方法で生産されてきたツイード生地は世界でもっとも有名なツイード地として多くのファンに愛されています。

アンジェリコ

アンジェリコ
-ANGELICO-

名だたる有名繊維メーカーが軒を連ねる、イタリア生地の聖地ビエラ地区にて1950年創業のミル(毛織物工場)。

原毛の選定から織り、染色まで全ての製織に関わる工程を厳しい自社管理体制のもとイタリア生地の特徴である柔らかく繊細で滑らかな風合いを残しつつもハリ、コシ感のある品質の高い生地を生産してます。メリノウール、シルク、モヘアなどファブリックの中でも、リネンは世界的に定評のある高品質素材です。